「リフォーム」と
「リノベーション」の
違い

「リフォーム」は、
古い家を修繕すること。
「リノベーション」は、古い家に新たな価値を付けること。

中古物件をお探しの方なら、リノベーション物件という言葉を目にしたことがあると思います。
このお しゃれな響きがする「リノベーション」、いったい今までの「リフォーム」と何が違うのでしょうか。
ただ、 なんとなく大規模なリフォームをイメージしている方も多いのでは。

  • リフォーム
  • リノベーション

参考までに、国土交通省のガイドラインによると次のように書かれています。
■リフォーム:新築時の目論見に近づくように復元する(修繕)
■リノベーション:新築時の目論見とは違う次元に改修する(改修)

つまり、リフォームとは、古くなった住まいを新築当時の状態に戻すことであり、汚れていたり、 壊れていたり、老朽化したりしている箇所を修理する、比較的小規模な工事のことを言います。
具体的には、古くなった壁紙の張り替えやキッチンやバスルームなどの水まわりを入れ替えるような工事を指します。
一方、リノベーションとは、既存の建物の用途や機能を大幅に変更し、性能を向上させたり、 新たな価値を付けたりすることです。
建物全体に渡る改修工事の中で、断熱材や床暖房を入れるような機能性の向上、 家族構成の変化によるライフスタイルに対応した間取りの変更、好みや時代にマッチしたデザインを 施すことなど、プラスαの価値が生まれます。

でも実は、「リフォーム」と「リノベーション」の明確な定義はなく、不動産業者、工務店、リフォーム 会社がそれぞれの考え方に基づいて使っているのが現状です。
だからこそ、依頼する会社を選ぶにあたっては、自分の求めるリフォームやリノベーションと 考え方が同じかどうか見極めることが大切になります。

  • 中古を買ってリノベーション
  • リノベーションのメリット
  • ワークフロー
  • 選ばれる理由
  • リフォームとリノベーションの違い
  • 施工事例
  • お問い合わせ